株式会社ALE
モビリティ・ロボティクス
衛星から人工流れ星を流す宇宙ベンチャーで経理募集
株式会社ALE画像1
株式会社ALE画像2

仕事内容

経理(会計・税務)全般をお任せします。

必要な経験・スキル

【必要な経験・スキル】
経理(会計+税務)の実務経験5年以上

【歓迎スキル】
・財務企画の実務経験がある方
・Start-upにfitするproactiveな方(playing manager)

募集概要

雇用形態
正社員(無期)
仕事日数
週5日〜
勤務時間
5時間/日~
・フレックスあり
在宅可否
不可
勤務条件備考
在宅不可
決算期(現状4月が決算月)は決算対応の為、+数時間の勤務を想定しております。
年収目安
(フルタイムの場合)
500万円以上
勤務地/最寄駅
東京都港区芝大門 / 浜松町・大門・芝公園
休日・休暇
・週休2日(土日祝日) ・夏季、年末年始など
待遇・福利厚生
・就業時間10:00-18:30(フレックス有り・コアタイム11:00-16:00)
・各種社会保険完備
・交通費支給
試用期間
3ヶ月

事業内容

ALEは、世界初の、"人工流れ星"の実現を目指し、"人工流れ星"実現に必要な、人工衛星やその他の機器を自社開発しています。

特殊な素材の粒を軌道上の人工衛星から宇宙空間に放出して大気圏に突入させることで、流れ星を人工的に再現することを目指しています。粒が大気圏で燃焼する様子は地上から流れ星のように見え、その輝きは最大で200km圏内で同時に楽しむことができます。

2019年1月18日、JAXAのイプシロンロケットにより、ついにALE初の人工衛星が宇宙空間へ旅立ち、一つの大きなマイルストンを達成しました。


Mamateras View

宇宙技術を活用したスタートアップの中でもALEさんが異質なのは、人口流れ星で革新的なエンターテインメント事業を展開していこうとしている点です。

ALEさんの強みは特殊な素材の粒を軌道上の人工衛星から宇宙空間に放出して大気圏に突入させることで、流れ星を人工的に再現できること。

CEOの岡島礼奈さんは東京大学理学部天文学科にて、博士号を取得。獅子座流星群を見に出かけたときに、短い流れ星が断続的にしか見られず
自分で人工的にシャワーの如く降り注ぐ流星群を作りたいと考えたのがきっかけ。

ALEさんのデビューイベントは、2020年以降、広島・瀬戸内地域で予定されている、「SHOOTING STAR challenge」。
イベントでは、オーストラリア上空400kmにあるALEの人工衛星から放出された流れ星の粒が15分かけて徐々に降下し、広島・瀬戸内上空60km~80kmの中間圏あたりで大気圏に突入し、眩く発光。その人工流星群は直径200kmに及ぶ範囲にいる何百万もの人々によって目撃されることとなる予定です。

現在(2019年夏)ALEにはJAXA出身者や日本有数の宇宙研究技術者を中心に約20名の社員が参画。
ALEの技術を活かしてエンターテインメントビジネスを展開していく人材も積極的に探しています。
(2019.07)

会社名
株式会社ALE
代表者名
岡島 礼奈
設立年
2011年
所在地
東京都
社員数
11 〜 30人
特徴
創業フェーズ(シード・アーリー) 自社プロダクト/サービスがある 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

オススメの募集案件