ベンチャーの管理を中心に事業を前に進めていただける方を募集!
ライトタッチテクノロジー株式会社画像1
ライトタッチテクノロジー株式会社画像2

仕事内容

当社で社長と共に、裁量権をもって幅広い業務に取り組んでいただける方を募集しています。
まずは助成金を含めた経理実務をベースにお任せしながら、医療機器や民生用途ごとにプロジェクトベースで採算設計し、将来的には財務面での全社ディレクションを担っていただきます。
資金調達(デット、エクイティ)、月次の資金繰りやKPI管理の整備・精緻化、株主対応などのプロセス整備も推進いただき、総務・労務領域でも自ら手を動かせる実務肌の方を求めています。

必要な経験・スキル


Must(必須、下記のいずれかに該当する方):
▼事業会社におけるCFOおよび準じる管理部門責任者のご経験
▼事業会社での経理(管理会計、財務会計)に関する実務経験および深い知識

Want(尚可、下記のいずれかに該当する方):
▼ビジネス会話レベルの英語力
▼監査法人でのご経験
▼スタートアップでの実務経験(管理部門体制立ち上げ経験が望ましい)
▼公認会計士資格および準じる資格・経験

募集概要

雇用形態
正社員(無期)
仕事日数
週3日〜
勤務時間
10:00-18:00の4時間以上
・フルタイムの場合 09:00 〜 17:30
在宅可否
不可
年収目安
(フルタイムの場合)
500万円以上800万円以下
勤務地/最寄駅
大阪府大阪市港区弁天1-2-1 大阪ベイタワーオフィス6階または大阪府大阪市港区弁天1-2-1 大阪ベイタワーオフィス6階 / 弁天町駅または奈良駅
待遇・福利厚生
・各種社会保険完備
・交通費全額支給
・昇給あり
※現在のご年収に応じ、ストックオプション・諸手当等のご相談に応じます

・週休2日(土日祝日)祝祭日
・慶弔
・年末年始休暇
・その他会社が指定した休日
※時短勤務等も柔軟に対応可能です。ぜひご相談ください。
試用期間
3ヶ月間

事業内容

【ICC Fukuoka2019 カタパルトグランプリ優勝!】
世界初の非侵襲型血糖値センサーを開発する量子科学技術研究開発機構発ベンチャーです。
糖尿病患者は、採血型自己血糖値センサー(SMBG: Self-Monitoring of Blood Glucose)などを用いて、痛みに耐えながら1日に複数回指などに針を穿刺して血液を採取し、血糖値を測定しなければなりません。またSMBGは利用後に医療廃棄物が発生するため感染の恐れや、廃棄物処理のための経済的な負担がある等課題が残されていました。このため従来から非侵襲の血糖値センサーの開発が望まれていましたが、従来技術ではレーザー輝度が低いため、血中に存在する様々な物質から糖だけを精度高く検出することが困難でした。
LTT社は、光パラメトリック発振技術を用い、糖が吸収を持つ中赤外領域において、従来に比べ10億倍も高輝度のレーザーを発振することに成功し、国際標準化機構(ISO)が定める測定精度を実現しました。LTT社は、世界初の非侵襲高精度・リアルタイム血糖値センサーを実用化し、人々の健康と豊かな社会を実現します。

ライトタッチテクノロジーは、非侵襲血糖値センサーで「子どもたちが採血で苦しまない世界」を実現する
https://industry-co-creation.com/catapult/41661

血糖値測定、採血不要に 大阪のスタートアップ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3631268010102018LKD000/

病気のない社会を、採血不要の最先端レーザー技術で実現する。
https://astavision.com/contents/interview/5139

(開発拠点・オフィス)
京都府木津川市梅美台8-1-7 量子科学技術研究開発機構内

Mamateras View

量子科学技術研究開発機構の第一号ベンチャーとして、これまで不可能だった「世界初の非侵襲型血糖値センサー」の実用化に挑戦するスタートアップです。
非侵襲とは、採血することなく血糖値を測れることで、糖尿病患者によっては年間3,000回注射をしますが、針を使用するのはインスリン注射のみとなるので、それが約半分に削減されます。この技術により糖尿病患者の肉体的負担と精神的負担を軽減できるようになります。

山川社長は研究者として約25年にわたり最先端レーザー開発に取り組んでこられましたが糖尿病領域に注目したのには理由があります。
知り合いのお子さんが糖尿病で、血糖値を測るために夜中に寝ているお子さんを無理やり起こして泣きじゃくるお子さんに採血している状況でした。その親の姿を見て、
なんとか負担を軽減できないかと考えたとき、針を刺さずに血糖値を測る可能性を模索しはじめたことがきっかけです。
世界最高峰のレーザー開発に挑み続けるのも素晴らしいことですが、身近な人に役立つことに携わりたいという思いが強くなり、非侵襲血糖値センサーの開発に注力しようと考えられました。会社はまだ小さいフェーズですが本当に困っている人を救える可能性のあるテクノロジーベンチャーです。(2019.11)

会社名
ライトタッチテクノロジー株式会社
代表者名
山川考一
設立年
2017年
所在地
大阪府
社員数
10人以下
特徴
創業フェーズ(シード・アーリー) 自社プロダクト/サービスがある 競争優位性のあるコアテクノロジーがある 地方スタートアップ

オススメの募集案件