第一ミッションはIPO!ロボティクス企業の経営企画室リーダー募集
ユカイ工学株式会社画像1
ユカイ工学株式会社画像2

仕事内容

▽想定職務内容
・IPO準備全般(開示書類作成、内部統制など)
・社内制度設計等環境構築
・IPO後の取締役会等の運営対応
・主幹事などとの窓口対応
サービス開発事業、メーカー事業における事業拡大に伴った増員となります。
新商品企画が数多く計画されており、社内の環境構築をしながら将来のCFO幹部候補を求めております。

【募集背景】
これまで自己資金を中心に自社開発を進めてきたが、事業が成長フェーズに進んだことに伴い、
将来的にIPOを目指し、IPO準備や長期的経営戦略を立てることができる人材を採用することになりました。

必要な経験・スキル

【必須条件 ※下記いずれか】
◆IPO準備 or 達成経験
◆上場会社での経理部門のマネジメント経験(準備段階での経験も可)
◆上場会社での管理本部全般のマネジメント経験(準備段階での経験も可)

【歓迎条件】
◆VC、監査法人、コンサルティング会社いずれかでのベンチャーの事業支援の経験

【求める人物像】
◆現状の課題を識別し、既存の方法やプロセスを変えていくことを厭わない方
◆高い曖昧耐性を持たれている方
◆ゼロから作っていくことを主体的に進められ、楽しむことができる方

募集概要

雇用形態
正社員(無期)
仕事日数
週5日〜
勤務時間
10:00-16:00、10:00-17:00等、応相談。将来的(数年後)にはフルタイム勤務をお願いします。
・フルタイムの場合 10:00 〜 19:00
在宅可否
不可
勤務条件備考
※週3~4日勤務は応相談です。
在宅勤務は原則不可(お子さんの突発の病気などの際は応相談)
年収目安
(フルタイムの場合)
500万円以上700万円以下
勤務地/最寄駅
東京都新宿区富久町16-11 / 新宿御苑前駅
待遇・福利厚生
【待遇・福利厚生】交通費全額支給 、各種社会保険
【休日・休暇】週休2日制
試用期間
3ヶ月

ユカイ工学株式会社について

Vision

2025年 ロボットがすべての家庭に1台ずつある世界

事業内容

ユカイ工学は、「世の中をユカイにする」コミュニケーションロボットをつくる会社です。
20名ほどのエンジニア・デザイナが集まった少数精鋭のロボット開発チームで、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」などを開発し、世界中で話題になっています。
最先端のテクノロジーと人の生活によりそうデザインを組み合わせた製品開発でコミュニケーションロボットの普及を目指します。

Mamateras View

Mamateras Viewを閲覧いただくには会員登録が必要となります。

会社名
ユカイ工学株式会社
代表者名
青木 俊介
設立年
2007年
所在地
東京都
社員数
31 〜 50人
特徴
ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA) 自社プロダクト/サービスがある 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

CEO

青木 俊介

2001年東京大学在学中に、チームラボ株式会社を設立、CTOに就任。
その後、ピクシブ株式会社のCTOを務め、2011年ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。
ソーシャルロボット「ココナッチ」、脳波で動く猫耳「Necomimi」、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などIoTデバイスの製品化を多く手がける。
2015年7月より、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発売、2015年度グッドデザイン賞を受賞。
2017年10月には、しっぽのついたクッション型癒しロボット「Qoobo」を発表、世界中で話題となる。

メンバー

鈴木裕一郎

経営コンサルティング経験において、幅広い業界で事業戦略、営業戦略、IT戦略の立案から実行までをシニアマネージャとしてリード。2014年にマーケティングリサーチ向けSaaS型サービスを提供するスタートアップ企業に転じ、執行役員・COOとして成熟市場の営業戦略立案、チームマネジメントを担当。2018年から、家族に寄り添ったプロダクト開発に携わるため、ユカイ工学に転職し、ユカイに働いてます。

冨永 翼

兵庫生まれ、大阪育ち、大学は京都。一人三都物語している。 タカラトミーにて、営業、マーケティング、PRを10年担当し、ユカイ工学へ。 ユカイ工学では、マーケティング、営業、PR、広報など担当しています。

鷺坂 隆志

2007年12月に青木と愉快工学合同会社を創業。メカ設計、回路設計、ファームウェア開発、量産管理など主にハードウェア周りの技術リーダーとして、これまでココナッチ、konashi2.0、BOCCO、iDoll、などの製品開発に従事してきました。

青木俊介

2001年、東京大学工学部4年のときに同級生の猪子寿之らとソフトウエア会社チームラボを設立し、取締役CTOに就任し、検索エンジンの開発などを行う。2002年に東京大学工学部計数工学科卒業。ロボット開発の想いは強く、チームラボを辞め、2007年に鷺坂隆志と共にユカイ工学合同会社を創業する。同時に東華大学信息科学技術学院(上海)へ進学。AIの機械学習について学ぶ。2008年にピクシブCTOに就任。2011年にはユカイ工学を株式会社に組織変更し、最高経営責任者(CEO)に就任する。2015年より、グッドデザイン賞審査委員に就任している。

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

オススメの募集案件