特許技術保有/過疎地を救うドローン配送サービス
株式会社エアロネクスト画像1
株式会社エアロネクスト画像2

仕事内容

「配送用ドローン」の機体開発・販売に取り組む部署にて、大手との共同開発プロジェクトの商談からプロジェクト推進、パートナーとの関係構築や販売スキーム構築などビジネスディベロップメントをお任せします。

現在、当社の特許技術「4DGRAVITY」を搭載したドローン機体の試作品開発、飛行試験、改良を繰り返し開発を進めており、2022年の量産を目指しています。特許技術を保有し、飛行試験においても国内トップクラスの実績を誇る当社は、ドローン関連の企業や、これからドローンビジネスに参入したい大手企業とは競合せず、パートナーシップを組める立ち位置です。
機体の開発や販売に向けてはまだまだ課題も多く、これからビジネスを構築する段階です。
当社の技術を活かし、ドローン配送の社会実装に向けて、ゼロから経営陣と一緒に取り組んでいただくことを期待します。

必要な経験・スキル

【必須スキル】
・メーカーでの事業企画・事業開発・商品企画のご経験

【歓迎スキル】
・ベンチャー企業でのご経験
・大手企業と共同研究や共同開発プロジェクトの商談をまとめたご経験
・ビジネススキームを構築し、展開したご経験

【仕事のやりがい】
・現在日本には過疎地と呼ばれる地域が820ほどあり、少しの買い物でも片道40分、トラック配送では積載率が低く効率が悪いなどの課題を抱えています。「ドローン配送」の実現は、コンビニの登場と同じよ うに、過疎地の生活を変え、暮らしの選択肢を増やす、期待の大きいサービスです。

募集概要

勤務地/最寄駅
東京都渋谷区恵比寿西2-3-5 石井ビル6F / 恵比寿駅・代官山駅
雇用形態
在宅可否
勤務条件備考
年収目安
(フルタイムの場合)
休日・休暇
待遇・福利厚生
試用期間

ご登録いただくと、
全ての求人情報がご覧いただけます。

既にアカウントをお持ちの方はこちら

株式会社エアロネクストについて

Vision

新しい空域の経済化。
エアロネクストはクルマの行き交う地上と、飛行機の飛ぶ上空の間にある「地上から上空150メートル」までの空域に新たな利用価値を生み出すことを目指しています。

たとえば、現在取り組んでいる過疎地での配送サービスでそこに暮らす人々の生活の豊かになり、利便性が向上することで、地方移住の選択肢が広がり地方創生へ貢献できる可能性。
道路が整備されていない発展途上国での配送や移動でその国の発展に貢献できる可能性。
緊急時にドローンが薬やAEDを運び、人命救助に貢献できる可能性。
現在のコンビニと同じ感覚で注文したら5分後にはドローンが届けてくれる時代の実現。

エアロネクストは、「配送ドローンの普及」が進むことで、初めてコンビニができた時のような画期的な変化を人々の生活にもたらすと考えております。
今では24時間買い物ができることは当たり前ですが、コンビニはそれまでの人々の生活を大きく変えました。

コンビニの登場と同じように、「ドローンでの物流・配送」を通じて、クルマの行き交う地上と、飛行機の飛ぶ上空の間にある「地上から上空150メートル」までの空域に新たな利用価値を生み出し人々の生活の豊かさに貢献することが私たちのミッションです。

現在、当社の「ドローンでの配送実績」は200回を超えており、日本トップの実績です。
目指しているのは国内でドローンが10万台、100万台飛び交う時代。
日本のドローン配送のトッププレイヤーとして、ドローン配送の社会実装を実現させる責任があり、そのためにはさらに飛行実績を積み重ね、安定して飛行するドローンへ住民からの信頼を得て、社会インフラとして根付かせるべく、取り組みを推進しております。

事業内容

地方自治体にドローン活用で「ラストワンマイル」の配送問題を解決するあらたなインフラづくりに貢献する配送パッケージ「SkyHub」を提供しております。

「過疎地」と呼ばれる地方自治体は、たとえば日常の買い物でスーパーに行くために車で40分かかる、病院に行き、処方薬をもらうだけでも丸一日かかってしまう、といった課題を抱えています。
一方で物流業界もこうした地域への配送はトラックの積載率が低く物流効率が課題となっています。

日本には過疎地域と呼ばれる地域が820ほどあり、地方自治体の約半分を占めています。
物流にドローンを活用し、物流拠点から住民の元まで「ラストワンマイル」の配送サービスの社会実装は、住民福祉の向上に取り組む地方自治体やそこで暮らす住民から大きな期待を集めています。

▼配送パッケージ「SkyHub」とは?
ドローン配送を手掛けるエアロネクストと、陸運会社であるセイノー社で共同で開発を進めている新しいサプライチェーンの仕組みです。

過疎地の中心に物流拠点となる倉庫、配送のためのドローンやトラック、共同受取場所のドローンスタンド、そして住民の皆様が買い物の注文につかうアプリケーションや物流を裏で支えるシステムをすべてパッケージとして提供。
現在は実証実験中ですが、中長期的な社会実装を見据え、取り組んでおります。

▼ドローン配送の「安心・安全」を支える技術
配送パッケージ「SkyHub」でドローンでの配送を可能にするのは、ドローンが安定して飛行することを支える当社の開発した「4D GRAVITY®︎」の技術。

実はドローンの機体は約30年間進化しておらず、地上の配送と同じようにドローンが空を飛び交う未来を実現されるためには、法整備のみでなく、ドローンの機体の「耐風性」、「信頼性」、「飛行時間」、「飛行速度」などさまざまな課題があります。

これらの課題に対し、ソフトウェアで解決することに取り組む開発者が多い中、エアロネクストはハードウェアのイノベーションに取り組み、独自の構造設計技術を開発しました。
エアロネクストが開発した「4D GRAVITY®︎」の技術は、ドローンの機体重心を最適化することにより、安定性・効率性・機動性といった基本性能を向上させ、諸課題を解決する画期的な技術です。

エアロネクストの「4D Gravity®搭載 360°VR撮影用ドローン『Next VR™』」は2018年に『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞。例年、大手製造業が受賞してきた中、ベンチャー企業として初めて受賞し、多くの注目を集めました。

エアロネクストはこの技術を「機体の販売」ではなく、「特許」としてライセンス販売を行うことで、ドローン業界・配送業界の多くのプレイヤーと協力し、技術を最速で世界に普及できると考えております。

▼現在の地方自治体との取り組み
山梨県小菅村は、少子高齢化、人口減少、商店減少などの課題があり、住民は買い物難民、医療難民となっています。小菅村では2021年4月から実証実験が開始され配送パッケージ「SkyHub」を導入。次世代の新スマート物流のモデルケースとして国や同じ課題のある地方自治体から注目を集めています。
また、横須賀市では吉野家と牛丼を5km先の病院スタッフに届ける実証実験を行い、アツアツのまま、型崩れすることもなく届き、おいしく食べることができたことで、病院の方にも災害時の病院への物資輸送に応用ができそう、というコメントをいただいています。

会社名
株式会社エアロネクスト
代表者名
田路 圭輔
設立年
2017年
所在地
東京都
社員数
11 〜 30人
特徴
ビジネスモデル確立フェーズ(シリーズA) 自社プロダクト/サービスがある 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

メンバー

田路圭輔

1991年、株式会社電通入社。1999年、テレビ放送のデジタル化を契機に電子番組表(EPG)に着目し、電通と米国ジェムスター社の合弁で株式会社インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)を共同設立。代表取締役社長としてEPGのデファクトスタンダードとなった「Gガイド」の普及・市場化を実現。2017年7月、ドローン産業の発展を知的財産(IP)で支援する株式会社DRONE iPLAB(DiPL)を共同創業し、取締役副社長に就任。2017年11月、DiPLとの資本業務提携を機にエアロネクストに参画、代表取締役CEOに就任。大阪大学工学部建築工学科卒。1968年兵庫県姫路市生まれ。

広瀬純也

1983年生。山梨県出身一橋大学商学部卒。2008年、SBIインベストメント入社。ベンチャーキャピタリストとして、投資審査業務および、投資先の支援、M&A、IPOなどの業務に従事。2012年、山梨にてコンサルティング会社を設立。2017年、鈴木と共にエアロネクストを創業。取締役に就任。

千葉功太郎

DRONE FUND 創業者・代表パートナー

笹村正彦

公認会計士

伊東奈津子

TEAC・BOSEなどのグローバル企業においてマーケティングを担当

影山剛士

弁理士。日立、DeNAにて、ライセンス実務を担当

竹澤大格 

弁護士

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。