医療・診断デバイス開発を行う東京大学発ベンチャー・創業メンバー募集
ナノティス株式会社画像1
ナノティス株式会社画像2

仕事内容

弊社は次世代の即時診断デバイスの研究開発を行う東京大学発スタートアップです。

「病魔と闘うすべての人に、迅速・的確なNoticeを提供する」というミッションのもと、スマートフォン等との連携により革新的なヘルスケアシステムの構築、疫学調査への応用といった多様なサービスへの展開も見込んでいます。

まずは感染症・インフルエンザ等を対象とし、将来的にはSARS・MERS・ジカ熱・デング熱など、様々な疾患への展開を目指します。

2018年に浜松ホトニクス株式会社等から第三者割当増資を実施。この度の資金調達により、同社の光技術を軸とした要素技術の確立を目指し、技術者・研究者並びに経営戦略人材といったコア人材の採用強化を行います。

技術の深い理解と洞察力に加え、未知の領域でも臆することなく多角的な視野に立ち、ゼロから新しい技術・製品を作り上げていきたいというパッションをもつ方を歓迎します。

【※業務内容】
・製品開発計画(長期・中期・短期)の立案および実行
・研究開発/実験業務の実行
・技術・経営企画/戦略立案のための業務全般

※まずは研究開発/製品開発計画(長期・中期・短期)の立案および実行業務か技術・経営企画/戦略立案業務にて今までの経験を発揮して頂ければと思います。

研究開発/実験業務だけでなく、創業コアメンバーとしてCEO、開発部門とともに開発計画立案、プロダクトロードマップ検討、事業状況に応じて外部との交渉や社外取締役等との経営企画にも参画して頂きます。

必要な経験・スキル

【必須】
・医療機器メーカー/体外診断薬メーカー等での開発経験

【歓迎】
・新規製品/事業の開発経験者
・ヘルスケア/医療機器開発分野における新規サービス開発経験をお持ちの方
・バイオ・理・工・農・薬学部等で修士号以上の学位を取得、またはそれに準ずる実務経験をお持ちの方

【求める人物像】
・未知の領域でも貪欲に自ら学び、課題と解決策を見出す意欲をお持ちの方
・創業期のベンチャーで自律的に動ける意欲と熱意を持って取り組んでいただける方
・今までのご経験を活かして社会に貢献したい方

募集概要

勤務地/最寄駅
東京大学 本郷キャンパス 工学部4号館・5号館内
雇用形態
在宅可否
試用期間

ご登録いただくと、
全ての求人情報がご覧いただけます。

既にアカウントをお持ちの方はこちら

ナノティス株式会社について

Vision

「病魔と闘うすべての人に、迅速・的確なNoticeを提供する。」

病気は生物学的な疾患であるだけではなく、「苦しみ」「絶望」を生みます。

その苦しみと闘うための第一歩こそ、「診断」。

患者、医療従事者、そして、技術者。

病魔と闘うすべての人に、強力な武器を提供すること。

世界中のすべての人に、正しい「お知らせ」、Noticeを届けること。

テクノロジーの力で、一秒でも早く「診断」を行うために。

2016年6月、Nanotisは生まれました。

事業内容

ナノティス株式会社は、小さなチップとスマートフォンによる早期診断デバイスを研究開発している、2016年6月創業のスタートアップです。

まずは感染症・インフルエンザをターゲットに、どこでも・誰でも・迅速に診断可能な、全く新しいヘルスケア・プラットフォームの創成を目指しています。

Nanotisの製品化により患者/医療従事者双方への負担軽減はもとより、僻地診療や発展途上国など医療環境の悪い地域で、医療現場に革新的なソリューションを提供します。

将来的には遠隔地の医療機関との連携といった新しい医療サービスや、位置情報との連動によりリアルタイムでの疫学調査・医薬品の需要予測など多岐にわたる応用を目指します。

会社名
ナノティス株式会社
代表者名
坂下理紗
設立年
2016年
所在地
東京都
社員数
10人以下
特徴
創業フェーズ(シード・アーリー) 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

代表取締役CEO,Founder

坂下理紗

野村證券投資銀行部門、ブルームバーグLLP、銀座ギャラリーズ等に勤務したのち、技術マッチングサービスのスタートアップ企業、リンカーズ株式会社へ参画。同社にて執行役員営業統括本部長を務める。

開業医の祖父から幼少期より影響を受け、真に医療現場に価値ある製品を創成したいと考えナノティス株式会社を創業。

東京大学大学院理学系研究科 物理学専攻修了(理学修士)、東京理科大学理学部物理学科卒業。

メンバー

小野田実真

東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻博士課程在学中。東京大学工学部マテリアル科卒業。

 東京大学大学院修士課程を首席(工学系研究科長賞・最優秀)で修了。高分子溶液や生体物質を用いた人工アメーバの研究で東京大学総長賞を受賞。

 統合物質科学リーダー養成プログラム(MERIT)フェロー、日本学術振興会特別研究員DC1(創業に伴い中途辞退)。

 英国王立化学会Soft Matter Awardをはじめ、国内外の学会での受賞歴11件。専門研究分野は高分子材料・バイオマテリアル・バイオミメティクス・非線形非平衡化学。 研究のほか、サイエンスメディアBuzzScienceを立ち上げ株式会社トゥ・ディファクトと共同で執筆活動を行うなど幅広い活動を行っている。

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

オススメの求人