技術で社会課題を解決するAIエンジニア募集!
株式会社エクサウィザーズ画像1
株式会社エクサウィザーズ画像2

仕事内容

【業務内容】
AIエンジニアとして、以下の業務を担当いただきます。
・大手企業と連携した深層学習等のAI技術を活用した研究/ソリューション開発
・DeepLeaning/機械学習等の論文調査/アルゴリズム実装、実験によるモデルの精度向上等
・自社AIプラットフォーム及びAIプロダクトの開発

【プロジェクト例】
産業機械/医療/Webサービス分野における大企業と連携した、画像診断/自然言語処理/統計解析技術を活用したオープンイノベーションプロジェクトが複数進んでおります。産学連携事業は、研究者側は論文がゴールとなる事があったり、事業としてのスピード感に欠けたりする事も多いですが、当社はテクノロジーのアプリケーションへの落とし込みに注力し、確実な事業化を推進します。

【開発環境・導入技術】
Python/R/C++等

必要な経験・スキル

【MUST】
・Python等によるプログラミング実務経験
・深層学習に関する英語論文を読み、そのアルゴリズムを理解し実装する力
・線形代数、微積分、統計についての知識
・機械学習/深層学習のツールまたはライブラリの使用経験

【WANT】
・自然言語処理の経験
・学習アルゴリズムの設計経験
・グラフ理論の知識
・音声解析の知識
・強化学習の経験
・GPGPUプログラミングの経験
・動画解析の経験
・スパースモデリングの知識
・マネジメント経験

募集概要

勤務地/最寄駅
東京
雇用形態
在宅可否
年収目安
(フルタイムの場合)
待遇・福利厚生
試用期間

ご登録いただくと、
全ての求人情報がご覧いただけます。

既にアカウントをお持ちの方はこちら

株式会社エクサウィザーズについて

Vision

「誰もがテクノロジーの恩恵を享受できる世界をつくる」

事業内容

ExaWizardsは、超高齢化社会に代表されるような様々な社会課題に対し、AIの教育やプラットフォームの提供を通じ、パートナー企業と供にAIを利活用を推進します。テクノロジーで現場を加速させ、産業革新の結果として、社会課題を解決していく企業です。
・ケア事業
・HR Tech事業(HR君)
・Fin Tech事業
・Med Tech事業
・AIイノベーション事業
・プラットフォームサービス『exaBase』

Mamateras View

Mamateras Viewを閲覧いただくには会員登録が必要となります。

会社名
株式会社エクサウィザーズ
代表者名
石山 洸
設立年
2016年
所在地
東京都
社員数
101人以上
特徴
拡大フェーズ(シリーズB、C) 競争優位性のあるコアテクノロジーがある

代表取締役社長

石山 洸

東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻修士課程修了。2006年4月、株式会社リクルートホールディングスに入社。同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度での提案を契機に新会社を設立。事業を3年で成長フェーズにのせ売却した経験を経て、2014年4月、メディアテクノロジーラボ所長に就任。2015年4月、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。2017年3月、デジタルセンセーション株式会社取締役COOに就任。2017年10月の合併を機に、現職就任。静岡大学客員教授、東京大学政策ビジョン研究センター客員准教授

メンバー

春田 真

京都大学卒業。1992年4月、株式会社住友銀行に入行。同行退職後、2000年2月、株式会社ディー・エヌ・エーに入社、同年9月に取締役に就任。2008年7月、常務取締役に就任。2011年6月、取締役会長に就任。DeNAの上場を主導するとともに大手企業とのJV設立や横浜DeNAベイスターズの買収等M&Aを推進。2011年12月、横浜DeNAベイスターズのオーナーに就任。2016年2月、株式会社エクサインテリジェンス(現・株式会社エクサウィザーズ)設立。2017年10月より現職。

坂根 裕

大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻博士前期課程修了。2002年1月、静岡大学情報学部助手。2004年10月、デジタルセンセーション株式会社を設立し代表取締役社長に就任。2017年10月、合併にて現職就任。父の影響で3歳からプログラミングを始める。ユマニチュード認定インストラクター。

粟生 万琴

2003年4月、株式会社パソナテックに入社。2010年4月、社内ベンチャーを立ち上げ、2012年4月、同社初の女性執行役員に就任。新規事業、およびマーケティング責任者として、海外拠点タイ事業の立上げ(JV)、クラウドソーシングサービス(Job-Hub)の立上げ、産官学連携プロジェクト責任者として従事。2016年6月、株式会社エクサインテリジェンス(現・株式会社エクサウィザーズ)にボードメンバーとして参画。2017年10月より現職。

古屋 俊和

京都大学経営管理大学院卒業(MBA取得)。京都大学情報学研究科博士後期課程在籍。
2012年4月、修士課程在籍時にデータ解析専門の会社を創業。機械学習を用いた株の運用システムの開発などの開発等を手がける。2014年、博士課程在籍時DeepLearningとGroupLassoを用いた肺結節判別の研究を行う。また、ICTを活用した介護事業所の設立し管理者就任。
2016年2月、DeepLeanrning等の人工知能技術に特化したAIベンチャー、株式会社エクサインテリジェンス(現・株式会社エクサウィザーズ)を創業。年間複数のAIプロジェクトを担当し、AIのサービス化に力を入れる。日本を代表する凄腕データサイエンティスト19人に選出される(週刊ダイヤモンド)。

ファイナンス情報

ファイナンス情報を閲覧いただくには会員登録が必要となります。

オススメの求人